こちらから購入すると割引適用→iHerb

Naoyaの自己紹介(大学時代〜サラリーマン時代)

クリックで1票入ります。
応援の投票よろしくお願いします^^
↓↓↓
 にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

自己紹介の記事がなかったので、ここに書こうと思います。

本記事は、前回の続きの記事です(前回の記事はこちら↓)

目次

大学時代

アルバイト

履歴書

大学に入学した途端、勉強への熱が冷めてしまいました(高校入学した時と同じ症状。目標達成した後の無気力感)

ただ、高校の時と違うのはアルバイトを始めたこと。

これは高校の友達(予備校の見学に誘ってくれた人と同じ)が、一緒に行こうと言ってくれたことがきっかけで、始めました。

経験したアルバイト
  • 引っ越し(日本通運)
  • 派遣
  • コンビニ(ローソン)
  • 居酒屋

色々やりました。

大学1回生の春(3月)は18万くらい稼ぎました。

特に一番長く続いたのは居酒屋。

長時間働きすぎて調理師の免許をとったくらいです。笑

(調理師の免許は実務要件さえ満たせば、割と簡単に取れます)

楽しいメンバーに囲まれて働く居酒屋でのバイトが楽しかった。

居酒屋バイトが私にとってのサークル活動でした。

美容師を目指す人がいたり、構成作家を目指す人がいたり、理系大学生がいたり、お笑い芸人の卵がいたり、バーを将来開きたいという人がいたり、自分の居酒屋を持つのが夢だと言っている人がいたり。

いろんな人がいて刺激があって楽しかったですね。

当時のアルバイト仲間と旅行に行った時の写真↓

淡路島旅行の写真

今は美容師になった当時のバイトメンバーに髪の毛を切ってもらっています。

大学でも一応サークルには入っていたんですけど、あまり熱は入っていませんでした。

こんな感じで、

大学生活 = アルバイトの日々

でした。

進路について考える

前へ進むイメージ画像

そんな感じで毎日アルバイトばっかりして過ごしていたんですが、大学3年生になったあたりから、将来のことを考え始めました。

特に「やりたいこと」はなかったので、悩みました。

「なんでも真剣に取り組めば楽しくなる」

という考えが当時の私にはあったので、業種や仕事内容では絞らずに、私の性格にあったものを選ぼうという思考になりました。

その結果、選んだ仕事は「公認会計士」

  • コツコツと勉強するのが得意
  • 勉強が好き(多分)
  • 努力が得意

という自分の長所を生かせる仕事は何かと考えた結果、何か資格をとってする仕事がいいだろうと考えました。

で、私は商学部で簿記の勉強も少しかじっていたので、公認会計士にしました(資格に関してはなんでもよくて、法学部にいたら多分弁護士を目指していたと思います)

こんな感じで、何をする仕事なのかも知らず、公認会計士を目指し始めます。

公認会計士試験受験生時代

受験勉強のイメージ

会計士の勉強は「資格の大原」に通って勉強していました。

大原で授業が始まったのは大学卒業後の6月。それまではひたすらアルバイトで軍資金(授業料と生活のためのお金)を貯めていました。

そして授業が始まると同時にアルバイトを辞めて、毎日ひたすら勉強していました。

朝9時から夜22時まで自習室が空いているので、授業がない日も、とにかく勉強。

毎日毎日プレッシャーと闘いながら勉強するので、合格後、会計士の人に聞くとたいてい「もうあの受験勉強時代には戻りたくない」というのですが、私は違いました。

とにかく毎日楽しかった笑

どうやら私は、

  • 勉強が好き
  • 目標を決めてそれに向かって進むのが好き

みたいです。

勉強の結果、無事合格して大手監査法人に就職します。

サラリーマン時代

あまりブログに書けるような面白いネタはありませんが、大きく分けると3つ。

修了考査

修了考査とは公認会計士になるための最終試験。

就職後2年間実務経験を経た後に受験します。

参考

公認会計士になるために突破しなければならない試験は3つ

  • 短答式試験(年2回)
  • 論文式試験(年1回)
  • 修了考査(年1回)

短答式試験に合格しなければ論文式試験を受験できません。
論文式試験に合格すれば、一度就職して2年間現場で経験を積みます。
そして、修了考査という試験を受け、合格すれば「公認会計士」と名乗ることができます。

私は無事修了考査に合格して、公認会計士となります。

気の合う仲間に巡り会う

職場にはいろんな人がいます。

好きな人もいれば、気の合わない人や嫌な感じの人も中にはいますよね。

そんな中私は、気の合う同僚(友達)に巡り合いました。

会計士は4月〜5月は繁忙期で、6月が落ち着いていることが多いです。

その比較的暇な6月に、ハワイに行ったり、石垣島に行ったり、よく旅行に行きました。

沖縄旅行の写真↓

沖縄旅行の写真

ダイヤモンドヘッド頂上↓

ハワイ旅行の写真

ハワイ↓

ハワイ旅行の写真

一生涯今の仕事を続けるのか、について真剣に考えるようになる

何年か監査法人で勤務し続けた後、「仕事」について考えるようになりました。

今の仕事をずっと続けるのか?

今の仕事を続けた結果、自分にとって幸せな未来を描けるのか?

公認会計士の仕事は苦労して取得するだけあって、収入ついては文句はありません。

ただ、あまり情熱を持って仕事をできていない自分がいました。

もちろん与えられた仕事は全力で取り組んでいましたし、当時の上司にも評価されていました。

ただ、生活のため、お金のために仕事をしているだけで、仕事そのものを好きかと聞かれれば、、、微妙です。

仕事を好きで好きで毎日働いている先輩もいました(この先輩は毎日とても楽しそう)

生活のため、家族を養うための仕事だと、割り切っている人もいました。

そして、自分は好きではないけど、割り切れてもいない、中途半端な状態でした。

今現役で仕事をされている方は、生涯現役で仕事をしなければいけない、そんな時代だと思います(つまり60歳とか65歳で引退できない、ということ)

生涯ってどれくらい???

100歳まで生きると仮定すると、約80年は仕事に費やします。

そんな長い時間を使う「仕事」について、真剣に考えるべきだと思ったのです。

そして、私は自分の可能性を広げるため、監査法人を退職し、フリーランスとしての活動に舵を切ります。

続きは続編の記事にて。

■PS

もともとガリガリ体型だった私が、日々トレーニングや勉強に励む中で気づいたことや、役に立つ情報をこのブログで発信しています。

肉体改造に関する記事がほとんどですが、たまにその他生活の役に立ちそうな情報も発信しています。

よかったらブックマークして定期的に読んでいただけると幸いです。

また、Twitterのアカウントを持っています。

Twitterにもブログの更新情報や、有用な情報を日々発信しますので、よかったらフォローよろしくお願いします。

記事に関するコメントや質問はTwitterのDMやお問い合わせフォームからお願いします↓

その他、人気ブログランキングに参加しています。

クリックで1票入ります。
応援の投票よろしくお願いします^^
↓↓↓

 にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる