カテゴリーから探す
アーカイブから探す
オンラインパーソナル申込

現在、オンラインパーソナルの受付は停止中です(少人数制で運営しております。ご理解ください)

受付再開した際、『自宅トレーニング研究所』にてお知らせいたします。

簿記学習指導サービス

公認会計士が直接簿記の学習指導をするサービスを関西圏限定で展開しています。

サービスの詳細はこちらからご確認ください!

↓↓↓

【大人気】プロテインおすすめランキングはこちら!

【7手詰(21):詰将棋】終盤力を強化せよ(難易度:中)

日々の将棋の中で、私が詰みを逃した局面を紹介します。

目次

問題の局面

私が先手。

相掛かりの将棋で、終盤に問題の局面を迎えます。

ここから7手で詰みがあります→

ここから7手で詰みがあります↓

(複数の詰み筋がありますが、7手詰は1通りだけです。他の詰み筋はすべて9手詰以上となります。7手詰を当ててみてください)

答え

▲6五金打 △同玉 ▲6三龍 △7六玉 ▲6六龍 △8五玉 ▲7五金打

まで、7手詰です。

最初の捨て駒が見えるかどうかがポイントです。

以下、それぞれの変化を見ていきます。

初手に対して△4五玉と対応した場合

初手▲6五金打に対して、後手の選択肢は2つ→

初手▲6五金打に対して、後手の選択肢は2つ↓

  1. △4五玉
  2. △同玉

初手▲6五金打に対して△4五玉と応じた場合は、▲3五角成で詰みです。

初手に対して△同玉と対応した場合

初手の▲6五金打に対して、△同玉と応じた場合は、▲6三龍とします→

初手の▲6五金打に対して、△同玉と応じた場合は、▲6三龍とします↓

これに対して後手は、6四に合駒を打っても▲6六金打で詰みますので、△7六玉と応じるしかありません。

▲6五金打 △同玉 ▲6三龍 △7六玉に対しては、▲6六龍 △8五玉 ▲7五金打で詰みです→

▲6五金打 △同玉 ▲6三龍 △7六玉に対しては、▲6六龍 △8五玉 ▲7五金打で詰みです↓

終わり。

■PS

もともとガリガリ体型だった私が、日々トレーニングや勉強に励む中で気づいたことや、役に立つ情報をこのサイトで発信しています。

肉体改造や健康に関する記事がほとんどですが、たまにその他生活の役に立ちそうな情報も発信しています。

よかったらブックマークして定期的に読んでいただけると幸いです。

また、Twitterのアカウントを持っています。

Twitterにもサイトの更新情報や、日々日常で起きる出来事などを発信していますので、よかったらフォローよろしくお願いします!

記事に関するコメントや質問はTwitterのDMかお問い合わせフォームからお願いします。

その他、人気ブログランキングに参加しています。

クリックで1票入ります。
応援の投票よろしくお願いします^^
↓↓↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ
よかったらシェアしてね!
目次