メニュー MENU
【大人気】プロテインおすすめランキングはこちら!

RM計算フォーム(1RMを調べることができない方用)

トレーニングの際の重量設定の指針になればと思い、RMの計算フォームを作成しました。

一般的に、RMは以下のように調べます。

一般的なRMの調べ方
  1. まず、1RM(1レップできるギリギリの重量)を調べる
  2. そこから、使用重量を以下のように設定する(例)
  • 筋力を上げたい方 →1RMの85%の重量でトレーニング
    (6レップ前後できる重量)
  • 筋肥大が目的の方 →1RMの80%の重量でトレーニング
    (10レップ前後できる重量)
  • パンプアップしたい方 →1RMの65%の重量でトレーニング
    (20レップ前後できる重量)

ただし、自宅トレーニングをされている方は、補助のない環境の中1RMを調べることは難しいでしょう。

そこで、10レップできる重量を調べ、そこから逆算できる計算フォームを準備しました。

どうぞご自由にご利用ください。

■RM計算フォーム

10レップできる重量:
kg
ギリギリ10レップできる重量を入力

■計算結果

1RM:
kg
ギリギリ1レップできる重量
1RMの90%:
kg
1RMの85%:
kg
6レップ前後できる重量
1RMの65%:
kg
20レップ前後できる重量
1RMの60%:
kg
1RMの55%:
kg
1RMの30%:
kg
  • 普段は10レップギリギリできる重量でトレーニング
  • 筋力を上げたい場合は「1RMの85%」の重量を選択
  • 高回数実施したい場合や3/7法などを取り入れたい場合は「1RMの65%」や「60%」、「55%」あたりの重量を選択し調整する

このように使っていただければ幸いです。

(あくまで目安ですので、実際トレーニングする中で重量の微調整を行ってください)

計算式(参考)

10レップできる重量を1RMの80%と仮定し計算します。

  • 1RM = 10レップできる重量 / 0.8
  • 1RMの90% = 10レップできる重量 / 0.8 × 0.9
  • 1RMの85% = 10レップできる重量 / 0.8 × 0.85
  • 1RMの65% = 10レップできる重量 / 0.8 × 0.65
  • 1RMの60% = 10レップできる重量 / 0.8 × 0.6
  • 1RMの55% = 10レップできる重量 / 0.8 × 0.55
  • 1RMの30% = 10レップできる重量 / 0.8 × 0.3

■PS

もともとガリガリ体型だった私が、日々トレーニングや勉強に励む中で気づいたことや、役に立つ情報をこのブログで発信しています。

肉体改造に関する記事がほとんどですが、たまにその他生活の役に立ちそうな情報も発信しています。

よかったらブックマークして定期的に読んでいただけると幸いです。

また、Twitterのアカウントを持っています。

Twitterにもブログの更新情報や、日々日常で起きる出来事などを発信していますので、よかったらフォローよろしくお願いします!

記事に関するコメントや質問はTwitterのDMかお問い合わせフォームからお願いします↓

その他、人気ブログランキングに参加しています。

クリックで1票入ります。
応援の投票よろしくお願いします^^
↓↓↓

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
よかったらシェアしてね!
目次