こちらから購入すると割引適用→iHerb

ノンフレーバー(プレーン)プロテインの飲み方⑦ 辻利抹茶ミルク編

クリックで1票入ります。
応援の投票よろしくお願いします^^
↓↓↓
 にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

過去の記事で、ノンフレーバー(プレーン、味なし)プロテインが一番コスパが良いと紹介しました↓

「タンパク質1g当たりの価格」でプロテインを比較しよう(タンパク質含有率ではない)という話でした。

コスパや健康を考えるなら、ノンフレーバー(プレーン、味なし)プロテイン一択ですね。

ただ紹介した直後、読者の方からこのような意見をいただきました。

でもノンフレーバー(プレーン、味なし)のプロテインってどうやって飲むの??
そのまま飲むの??美味しいの??

確かに飲み方がわからないと、手をつけにくいですね。

そこで、このシリーズでは、ノンフレーバー(プレーン、味なし)プロテインの飲み方について紹介していきます。

良かったら参考にしてください。

こんな人に読んで欲しい!
  • ノンフレーバー(プレーン、味なし)プロテインの飲み方を知りたい方
  • プロテイン代がバカにならないと、困っている方
  • 乳糖不耐性でWPCが飲めない方
  • 月々のプロテイン代を抑えたい方
  • 甘いドリンクが好きな方
  • 増量中の方
  • 合成甘味料を摂取したくない方
目次

使うもの(材料)

今回は辻利抹茶ミルク編です。

これはめちゃオススメの飲み方です!

材料は以下の通りです。

材料一覧
  • ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン味
  • 辻利抹茶ミルク
  • 水 140〜180ml

ホエイプロテインは、ファインラボがオススメですが、より安価なマイプロテインに変えても問題ないです↓

作り方

STEP
  • ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート プレーン味 2〜3スクープ
  • 辻利抹茶ミルク 17g

をシェイカーの中に入れる

ホエイプロテインと辻利抹茶ミルク
ホエイプロテインと辻利抹茶ミルク
STEP

水を140〜180ml入れてシェイク!!シェイク!!

(水の量はお好みで変えてください。メーカーオススメの量は粉末17gに対して、水の量は140mlです。

ただ、結構濃い目なので、水は180mlくらいに薄めても十分美味しいです)

水の量が少なくても、ダマにならずにしっかり溶けるのが、ホエイプロテインピュアアイソレートの良いところ。

ホエイプロテインと辻利抹茶ミルク
ホエイプロテインと辻利抹茶ミルク

味(感想)

めちゃくちゃ美味しいです。

甘い!

前回紹介したブレンディの抹茶オレに比べると、こちらの方が私は好きです。

個人的には、トレーニング後に飲みたいです。

ただ、甘い飲み物が苦手な方には不向きだと思います。

メリットとデメリット

メリット
  • 美味しい
  • 作るのに手間がかからない(30秒で完成)
  • 辻利抹茶ミルクの粉末に、砂糖、ぶどう糖、粉飴等が添加されており、カロリーが75kcalある
  • そのため、トレーニング直後の利用に向いている(トレーニング後はある程度糖質を摂取したほうが、筋肥大には効果的である)
  • 合成甘味料がゼロ
デメリット
  • 辻利抹茶ミルクの粉末に、砂糖、ぶどう糖、粉飴等が添加されており、カロリーが75kcalある
  • そのため、減量中の方には不向き
  • 辻利抹茶ミルクの粉末に、乳糖が含まれている(どれくらいの量含まれているのかは分かりませんが、乳糖不耐性の私は、今のところこの飲み方でお腹が緩くなったことはありません)

その他のオススメの飲み方

その他のノンフレーバー(プレーン、味なし)プロテインの飲み方は、以下からご確認ください↓

終わり。

■PS

もともとガリガリ体型だった私が、日々トレーニングや勉強に励む中で気づいたことや、役に立つ情報をこのブログで発信しています。

肉体改造に関する記事がほとんどですが、たまにその他生活の役に立ちそうな情報も発信しています。

よかったらブックマークして定期的に読んでいただけると幸いです。

また、Twitterのアカウントを持っています。

Twitterにもブログの更新情報や、有用な情報を日々発信しますので、よかったらフォローよろしくお願いします。

記事に関するコメントや質問はTwitterのDMやお問い合わせフォームからお願いします↓

その他、人気ブログランキングに参加しています。

クリックで1票入ります。
応援の投票よろしくお願いします^^
↓↓↓

 にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる