メニュー MENU
【大人気!】プロテインおすすめランキングはこちら

自宅でできる腹筋のトレーニング3選(腹直筋)

クリックで1票入ります。
応援の投票よろしくお願いします^^
↓↓↓

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

この記事では、自宅でできる腹筋のトレーニングを3つ紹介します。

目次

ターゲットとなる筋肉(腹直筋)

ターゲットとなる筋肉はお腹の筋肉です。

お腹の筋肉とは、具体的には腹直筋です。

腹直筋はこちら↓

腹直筋の場所

お腹の筋肉を鍛えるメリット

スタイルの良いおしゃれな男性

お腹の筋肉を鍛えると、以下のメリットがあります。

お腹の筋肉を鍛えるメリット
  1. 男性の腹筋が6つに割れている方が、シンプルにカッコイイ
  2. 女性の腹筋に縦線が入っていると、美しい
  3. ぽっこりお腹が出ていると、老けて見えがち

男女ともに腹筋を鍛えるメリットはあります。

次に具体的なトレーニングメニューを紹介します。

腹筋のトレーニング3選

ボールクランチ

シットアップ

シットアップは器具なしですぐにでも始められるトレーニングです。

手軽に始められる割には、正しいフォームでトレーニングをすると、意外と次の日筋肉痛になります。

シンプルで早速始められるトレーニングなので、器具を持っていない方はこのトレーニングから始めてみましょう。

(シットアップの具体的なやり方はこちらを参照ください↓)

リバースクランチ

リバースクランチも器具なしで手軽に始められるトレーニングです。

できればベンチ台があった方が取り組みやすいですが、ベンチ台はなくてもトレーニングできます。

フォームがシンプルで、初心者でも取り組みやすいのが特徴です。

その割には、高負荷で腹筋を刺激できるトレーニングです。

シットアップは上半身の体重を腹筋にかけるトレーニングであるのに対して、リバースクランチは下半身の体重を腹筋にかけるトレーニングです(上半身より下半身の方が重いので、その分負荷が上がります)

(リバースクランチの具体的なやり方はこちらを参照ください↓)

ボールクランチ

ボールクランチはバランスボールを使ったトレーニングです。

バランスボールを使うだけで、普通の腹筋のトレーニングが高負荷のトレーニングに変わります。

バランスボールの上で腹筋をすると、背中が反ります。

背中が反る分、腹筋がストレッチされ、腹筋の可動域がフルで使われます。

筋肉は可動域いっぱい使ってトレーニングを行った方が効率よく鍛えることができます。

バランスボールを持っている方はぜひ腹筋のトレーニングにボールクランチを取り入れてみましょう。

高負荷で腹筋を刺激できるトレーニングです。

(ボールクランチの具体的なやり方はこちらを参照ください↓)

終わり。

■PS

もともとガリガリ体型だった私が、日々トレーニングや勉強に励む中で気づいたことや、役に立つ情報をこのブログで発信しています。

肉体改造に関する記事がほとんどですが、たまにその他生活の役に立ちそうな情報も発信しています。

よかったらブックマークして定期的に読んでいただけると幸いです。

また、Twitterのアカウントを持っています。

Twitterにもブログの更新情報や、日々日常で起きるくだらない出来事などを発信していますので、よかったらフォローよろしくお願いします!

記事に関するコメントや質問はTwitterのDMかお問い合わせフォームからお願いします↓

その他、人気ブログランキングに参加しています。

クリックで1票入ります。
応援の投票よろしくお願いします^^
↓↓↓

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる