メニュー MENU
【大人気!】プロテインおすすめランキングはこちら

自重トレーニングだけでガリガリ体型を卒業!腕立て伏せのコツ

クリックで1票入ります。
応援の投票よろしくお願いします^^
↓↓↓

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

この記事では、胸のトレーニングの代表格である腕立て伏せ(プッシュアップ)について、解説しています。

目次

腕立て伏せ(プッシュアップ)

ターゲットとなる筋肉の場所

腕立て伏せ(プッシュアップ)は多関節運動(コンパウンド種目)なので、様々な筋肉を使ったトレーニングですが、主なターゲットとなる筋肉は大胸筋です↓↓
(大胸筋のほか、三頭筋や三角筋前部なども刺激されます)

大胸筋の場所

正しいフォーム

正しいフォームについては、文章で伝えるよりも動画を見た方がわかりやすいと思いますので、オススメのトレーニング動画のURLを載せておきます。

(YouTubeの動画は無数にあるので、正しいフォームをわかりやすく解説している動画を探し出すだけでも一苦労です。結構時間取られます。。
あなたにはそんな苦労をして欲しくないので、私が動画を厳選しました。
短い時間で効率よく学べる動画を優先的に選びましたので、是非、参考にしてください)

腕立て伏せ(プッシュアップ)は主に大胸筋と上腕三頭筋を鍛えるトレーニングです。

初心者のうちは正しいフォームでゆっくりと行うだけで、十分筋肉を発達させることができます。

最初のうちは、正しいフォームで行うと意外と回数をこなすのは難しいです。

まずは、正しいフォームを以下の動画で確認してください。

正しいフォームのポイントをおさらいしましょう。

腕立て伏せ(プッシュアップ)の正しいフォームのポイント
  • 頭から足先までの体のラインは一直線になるように意識
  • 手幅は肩幅よりちょっと広め
  • 胸を張った状態をキープして行う(動画上はサラッと説明していましたが、これは結構重要です。肩甲骨を寄せるイメージで胸を張ってください)
  • 肩はすくめないように注意(肩を下げる)
  • 呼吸は下ろしながら吸い、吐きながら上げる
  • 下ろす動作はゆっくり(2~3秒くらい)、上げる動作はスッと行う

最初トレーニングを行うときは、是非このポイントを確認しながら行ってください。

たかが腕立て伏せ(プッシュアップ)といえど、正しいフォームを意識してやってみると結構大変です。

負荷の上げ方

そして、慣れてきたら以下の容量で負荷を上げていきましょう。

  • 負荷レベル0 そのまま腕立て伏せ
  • 負荷レベル1 プッシュアップバーを使って腕立て伏せ
  • 負荷レベル2 プッシュアップバー+脚の位置を高くして腕立て伏せ
  • 負荷レベル3 プッシュアップバー+ペットボトルを背負って腕立て伏せ

それぞれ説明します。

負荷レベル0

まず、負荷レベル0は普通の腕立て伏せ(プッシュアップ)です。

先ほど説明したポイントを抑えて10回3セットを目標に頑張りましょう。

そして、負荷レベル0から1に上げるタイミングですが、普通の腕立て伏せ(プッシュアップ)10回を3セットできるようになれば上げても良いと思います。

負荷レベル1

そして負荷レベル1で使うプッシュアップバーというのは、以下のような器具です。

ネットで購入できます。

またホームセンターなどにも売っていますし、値段も安いです。

(中には価格が3,000円前後のプッシュアップバーもありますが、安いもので十分です)

手軽に購入できる便利なアイテムです。

小さいので場所も取りません。

プッシュアップバーを使って腕立て伏せ(プッシュアップ)をすると、通常の腕立て伏せよりも深く身体を下げることができます。

その分筋肉にかかる負荷が大きくなるという仕組みです。

プッシュアップバーを使った腕立て伏せが12~15回を3セットできるようになれば、次のレベルに移りましょう。

負荷レベル2

負荷レベル2は、脚の位置を高くして腕立て伏せ(プッシュアップ)です。

プッシュアップバーを使いながら、椅子や分厚い雑誌(ジャンプを重ねたものなど)を使って高い位置に足を固定し、腕立て伏せを行いましょう。

脚の位置を高くした分、腕と胸にかかる負荷が上がります。

もちろんプッシュアップバーも使いながらやりましょう。

この腕立て伏せで、12~15回を3セットできるようになれば、次のレベルです。

負荷レベル3

負荷レベル3は、2リットルのペットボトルを使います。

2リットルのペットボトルの写真

2リットルのペットボトルに水をいっぱい入れ、これをリュックの中に入れてリュックを背負った状態で腕立て伏せ(プッシュアップ)です。

できるだけ腰ではなく背中の上の方(肩甲骨のあたり)にペットボトルの重さが乗るようにしたいので、できるだけリュックのショルダーを絞って使いましょう。

2リットルのペットボトル1本で2kgです。

2本使えば4kg、4本使えば8kgになります。

慣れてきたら、どんどんペットボトルの数を増やしていきましょう。

以上が、腕立て伏せ(プッシュアップ)のコツの紹介です。

意外と家でも高強度のトレーニングができるということを、理解していただければ幸いです。

あなたも、手軽に始められる自重トレーニングから始めて、ガリガリ体型を卒業しよう。

その他、自宅トレーニングにおける負荷の上げ方については、こちらの記事でも紹介していますので、よかったら参考にしください↓

その他自宅でできるトレーニング種目の紹介

その他、自宅でできるトレーニング種目および方法については、部位別に以下の記事にてまとめておりますので、よかったらこちらも参考にしてください↓

鍛える部位種目名強度やり方
ダンベルベンチプレス低〜高解説記事
プッシュアップ低〜中解説記事
ダンベルフライ低〜高解説記事
胸(上部)インクラインダンベルフライ低〜高執筆中
胸(上部)インクラインダンベルベンチプレス低〜高執筆中
クロースグリップインクラインダンベルベンチプレス低〜中執筆中
胸、腕(三頭)ディップス中〜高解説記事
腕(三頭)ダンベルプルオーバーエクステンション低〜中執筆中
腕(二頭)アームカール低〜高解説記事
腕(二頭)ハンマーカール低〜高執筆中
腕(二頭)インクラインアームカール低〜高執筆中
腕(二頭)インクラインハンマーカール低〜高執筆中
腕(二頭)ナロー&アンダーグリップで行うチンニング低〜高執筆中
背中懸垂(チンニング)中〜高解説記事
背中ワンハンドダンベルロウ低〜高解説記事
肩(前部)ダンベルショルダープレス低〜高解説記事
肩(前部)アーノルドプレス低〜高解説記事
肩(中部)サイドレイズ低〜中解説記事
肩(前部)フロントレイズ低〜中解説記事
肩(後部)サイドライイングリアレイズ低〜中解説記事
肩(中部)インクラインサイドレイズ低〜中執筆中
肩(前部)インクラインフロントレイズ低〜中執筆中
肩、僧帽筋アップライトロウ低〜高解説記事
僧帽筋シュラッグ低〜高解説記事
腹筋プランク執筆中
腹筋シットアップ低〜中解説記事
腹筋レッグレイズ執筆中
腹筋リバースクランチ解説記事
腹筋ツイスティングリバースクランチ執筆中
腹筋ボールクランチ中〜高解説記事
腹筋アブローラー低〜高執筆中

大切なトレーニング8つのコツ

その他、トレーニングで筋肉を大きくしていくための大切なコツについて、以下の記事で説明しています↓

とても大切なことばかりですので、トレーニングを始める際は、こちらの記事も参照してください。

まとめ

この記事の内容を以下に要約します。

この記事の要約
  • 腕立て伏せの方法、コツについてこの記事にまとめた
  • トレーニングは正しいフォームで行うことが何より大切
  • 2リットルのペットボトルがあれば、自重トレーニングでも負荷を上げることができる
  • 腕立て伏せの負荷アップには、プッシュアップバーを使おう↓

■PS

もともとガリガリ体型だった私が、日々トレーニングや勉強に励む中で気づいたことや、役に立つ情報をこのブログで発信しています。

肉体改造に関する記事がほとんどですが、たまにその他生活の役に立ちそうな情報も発信しています。

よかったらブックマークして定期的に読んでいただけると幸いです。

また、Twitterのアカウントを持っています。

Twitterにもブログの更新情報や、日々日常で起きる出来事などを発信していますので、よかったらフォローよろしくお願いします!

記事に関するコメントや質問はTwitterのDMかお問い合わせフォームからお願いします↓

その他、人気ブログランキングに参加しています。

クリックで1票入ります。
応援の投票よろしくお願いします^^
↓↓↓

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる